メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

名鉄/東岡崎駅(北口・南口) 再開発計画を発表

2022年03月31日店舗

関連キーワード:

名古屋鉄道は3月29日、東岡崎駅の北口と南口周辺を対象エリアとした一体的な再開発計画を発表した。

<計画エリア図>
計画エリア図

東岡崎駅は、西三河地区最大のターミナル駅として通勤・通学で多くのお客が利用している。また、周辺には岡崎市役所などの行政機関が立地するほか、岡崎城や大樹寺など豊富な歴史的資産が存在している。

事業は、名鉄グループ中期経営計画「Turn-Over 2023」で掲げる「グループ一体となった沿線・地域の活性化」の一環として取り組むものであり、今後は2021年11月に岡崎市と締結した基本協定に基づき、同市が主導する QURUWA 戦略と連携した街へ開かれた施設計画を策定する。

<北口新駅ビルのイメージ>
北口新駅ビルのイメージ

北口は、第一種市街地再開発事業の施行を予定し、現在の駅ビル(岡ビル)の解体後、駅利用者と来街者をターゲットとした商業機能、駅につながる利便性の高い事務所機能を有する複合施設を整備するほか、バスターミナルを再整備する事で交通結節点としての役割を強化する。

施設全体では、街周辺への回遊起点として観光ニーズにも対応した店舗や、バスターミナルでの乗換え時間等も有意義に過ごせるよう、すき間時間のニーズにも対応した店舗を配置する。さらに、イベント等多目的に活用できるスペースを一体的に整備する事により賑わいを創出する。

<南口ビルのイメージ>
南口ビルのイメージ

南口は、周辺居住者と駅利用者をターゲットとした施設として位置付けている。食品等物販店舗に加え、飲食、サービス等の用途を取り入れた生活利便性の向上に寄与する店舗を誘致し、周辺居住者にも選ばれる駅南口のシンボルとなるような施設を目指す。

また、岡崎市は徳川家康生誕の地としても知られており、市内には所縁の深い神社仏閣が多く、駅南口至近には徳川家康の産土神として有名な六所神社がある。こうした周辺施設との立地にも配慮し、動線計画を含めた施設計画を進める。

<施設概要>
施設概要

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方