メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

梅の花/フジオフードシステムと資本業務提携

2016年11月30日経営

梅の花は11月30日、フジオフードシステムと資本業務提携すると発表した。

フジオフードシステムは創業以来「大衆というカテゴリーで日本一の外食企業になる」という確固たる目標のもと、「まいどおおきに食堂」「串家物語」「つるまる」「手作り居酒屋 かっぽうぎ」を中心に飲食店などを展開する。

フジオフードシステムグループとは、取引関係はないが、両社の外食サービスなどにおいて相互に補完し合い、協力関係を構築、強化していくことが両社の企業価値の向上に資すると判断し、業務提携した。

業務提携により、食材の共同購入、両社物流網の相互活用などを検討する。

今後の業務提携を確実に推進し、協力体制を盤石にするためには相互に資本参加をすることが望ましいと判断し、資本関係を構築する。

梅の花はフジオフードシステムの普通株式350,000株(発行済株式総数の3.56%)を、フジオフードシステムは、梅の花の普通株式370,000株(発行済株式総数の4.94%)を、既存株主から取得する予定だ。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方