小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イケア/ベビーベッド下取で売上10%アップ

経営/2018年08月30日

イケア・ジャパンはベビーベッド、電動工具など家具の下取サービスを推進している。

<ベビー向け商品を下取・還元>
ベビー向け商品を下取・還元

2017年1月から開始したベビーベッドの下取では、2018年8月までに査定依頼が1万4630件あり、5730の商品を買い取った。

買い取った商品のうち81%をリサイクルし、再販した。

8月29日に行われた2019年度事業戦略発表会で、ヘレン・フォン・ライス社長が明らかにしたもの。

ライス社長は、「イケアでは、サスティナブルなビジネスを推進している。ベビーベッド下取サービスの開始で、使い終わった後リサイクルできるということから、ベビーベッド、チェンジングテーブル、ベビーチェアなどの販売が10%伸びた。住居スペースの限られた日本にマッチしたサービスだ」としている。

イケア・ジャパンでは今年6月1日、家具の下取・還元サービスをリニューアル。

ベビー向けの対象商品(ベビーベッド、チェンジングテーブル、ベビーチェア)を、一年以内に返却すると期間に応じて最大で商品代金の50%をリターンカードにて還元するサービスを実施している。

購入後90日以内で50%、180日以内で40%、365日以内で30%還元する。

また、イケア・ファミリーメンバーは、さらに下取り金額に10%上乗せする。

■下取概要・申し込み
https://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/about-services/relive/index.html

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧