メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

高島屋/レジ袋と紙製食料品用手提袋、素材切り替え・有料化

2019年12月26日経営

高島屋は2020年4月1日、環境負荷軽減に向け、レジ袋(プラスチック製買物袋)と紙製食料品用手提袋の素材切り替え・有料化を実施する。

国内全店舗の主に食料品売場で提供しているプラスチック製のレジ袋は、植物由来の原料を90%配合したバイオマスプラスチック製に、紙製食料品用手提袋(茶色)はFSCR認証材に切り替えるとともに、いずれも有料で提供を始める。

<バイオマスプラスチック製レジ袋>
バイオマスプラスチック製レジ袋

レジ袋のサイズは5種類。価格(税抜)は、大5円、中3円、 小2円、 酒用(大)8円、 酒用(小)6円。

<FSCR認証材を使用した食料品用手提袋>
FSCR認証材を使用した食料品用手提袋

食料品用手提袋(茶色・紙製)は、サイズは1種類で20円(税抜)。

エコバッグの利用や手持ちの買物袋へのまとめを呼びかける取り組みを全店で強化し、環境に配慮したライフスタイル提案を一層推進する。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連記事

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方