小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三菱食品/本社ビル従業員3人が新型ウイルス感染

経営/2020年04月23日

三菱食品は4月20日、本社アネックスビル2階(東京都大田区)に勤務している従業員1人が新型コロナウイルスに感染していることが4月18日確認されたと発表した。

同社は4月15日、4月17日にも感染者の確認を発表しており、累計感染者数は3人となった。

該当従業員は、4月5日に発熱したが、4月4日以降は出社しておらず、自宅で療養中となっている。4月14日に該当従業員が働く同フロアで別の感染者が確認され、4月15日に発表している。

4月14日時点で、保健所の指導のもと、消毒、除菌を行い、同フロアの従業員を全員在宅勤務又は自宅待機とし、フロア全体を閉鎖している。保健所から該当従業員の業務上における濃厚接触者はいない旨の連絡を受けている。

該当従業員、と同フロアで勤務していた従業員は商品の搬出、保管には関与していない。今回の感染者発生による同社の商品供給体制への影響はないという。

また、4月16日に本社センタービル8階(東京都大田区)に勤務する従業員1人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと17日に発表している。

8階の従業員は、4月10日以降は出社しておらず、医療機関に入院中となっている。4月15日付 で公表した陽性判明者(本社アネックスビル2階勤務)とは別の建物に勤務しており、また、前回陽性判明者は、濃厚接触者がいないことを保健所と確認している。

日常生活に欠かせない食品流通に携わる三菱食品は現在、従業員の健康管理・健康観察の徹底をしつつ、海外出張を原則禁止、国内出張も自粛、在宅勤務の原則化、社内会議・研修の制限など、感染拡大の抑止に向けた各種対策を徹底し、引き続き事業を継続するという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧