流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





コカ・コーラ/ペットボトル再利用のフェイスシールド1万1000枚寄贈

2020年08月06日 12:20 / 経営

コカ・コーラシステムは8月4日、リサイクルPET素材を応用した簡易フェイスシールド約1万1000枚を製造し、公的団体を通じ全国の医療機関などへ寄贈を開始した。

<リサイクルPET素材を応用した簡易フェイスシールド>
フェイスシールド

世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いPETボトル飲料の持つ衛生面でのメリットが見直される一方で、リサイクルPET素材を活用した製品の流通にも影響が出ており、日本国内において根付きつつある資源循環サイクルの停滞も危惧されている。

コカ・コーラシステムは日本国内において2019年度実績で「ボトルtoボトル」の比率を約21%にまで高めるなど「容器の2030年ビジョン」に基づく「廃棄物ゼロ社会」実現への取り組みを継続。今回、ペットボトルをリサイクルしたフェイスシールドを寄贈し、医療従事者、従業員の健康・安全管理をサポートする。

フェイスシールド製造は、国内で回収された使用済みPETボトルをリサイクルした素材を用い、ウツミリサイクルシステムズの協力によって実現した。公的団体を通じ、医療機関などへの無償提供を予定しており、個人への販売、医療機関への直接の提供はしていないという。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧