メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

資生堂/「センター・オブ・エクセレンス」ネットワーク体制完成

2016年10月11日経営

資生堂は10月11日、フランス・パリに新設した「フレグランス センター・オブ・エクセレンス」の責任者にナタリー・ヘロイン・キャメル(Nathalie Helloin Kamel)氏を任命した、と発表した。

<センター・オブ・エクセレンス イメージ>
センター・オブ・エクセレンス イメージ

これにより4つの「センター・オブ・エクセレンス」(フレグランス、スキンケア、デジタル、メーキャップ)の設立はすべて完了。

グループの各ブランドによるマーケティング展開を可能にする、ネットワーク体制が始動することになる。

資生堂の中長期戦略 VISION 2020の一環である「センター・オブ・エクセレンス(以下COE)」構想は、スキンケアは日本、メーキャップやデジタルは米州、フレグランスは欧州というように、各カテゴリーにおいてグローバルに影響力を持つ最先端のエリアで情報収集・戦略立案・商品開発などをリード。

これらを資生堂グループの全世界のマーケティングに展開し、世界に通用する強いブランドを育成していく。

COEはベースとするエリアの地域本社に拠点を置きながら、ブランドや他のCOEとも連携しながらグローバルに活動する。

また、現在、機能を拡充・強化しつつある海外の各R&D拠点も、それぞれのCOEと連携し、イノベーティブなマーケティングをサポートしていく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方