メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三陽商会/オンワード、センコーと廃プラスチック再利用の実証実験

2021年07月27日経営

三陽商会は7月27日、オンワード樫山、センコーグループホールディングスと、廃プラスチックの回収と再生を手がけるレコテックが行う資源循環プラットフォームの実証事業に参画したと発表した。

<実証事業のイメージ>
0717sanyo1 - 三陽商会/オンワード、センコーと廃プラスチック再利用の実証実験
実証事業では、三陽商会、オンワードの物流倉庫や店舗などから排出されるプラスチックを量と種類を可視化。センコーグループの納品車両で回収し、マテリアルリサイクル施設で再生する。

廃プラスチックの量と種類の可視化と追跡・管理では、レコテックの資源循環プラットフォームシステム「Material Pool System (MPS))と廃棄物の記録Webアプリケーション「GOMiCO」を使用する。

<回収対象のプラスチック例>
0717sanyo2 - 三陽商会/オンワード、センコーと廃プラスチック再利用の実証実験
回収対象は、納品時に使う透明のプラスチックフィルムのハンガーカバー、ニットやカットソーなど包装プラスチック。

回収拠点は オンワード樫山の芝浦第3ビル・第4ビル、三陽商会の社員セール会場 科学技術館、ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ原宿本店、ブラックレーベル・クレストブリッジ渋谷店、ポール・スチュアート青山本店に置く。実証期間は6月22日~8月31日。

三陽商会では、プラスチックごみの削減と再利用が社会的な課題となる中、アパレル業界では衣料品のリサイクルやリユースが進む一方、物流拠点や店舗で発生する廃プラスチックのリサイクルが進んでいないことに着目し、企業間での横断的な仕組み構築が重要とみて参画することにした。

今後は、プラスチック排出量の多いアパレルやブランドに資源循環プラットフォームへの参加を募ることで、資源を効率的に回収・再生する仕組みの構築を加速させる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方