流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





クオールHD/「地域連携薬局」が100店舗を突破

2021年12月17日 12:00 / 経営

クオールホールディングスは12月15日時点で、グループの調剤薬局において「地域連携薬局」に106店舗が認定されたと発表した。

<「地域連携薬局」が100店舗を突破>
「地域連携薬局」が100店舗を突破

認定薬局制度は、特定の機能を有する薬局として、「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」を認定する制度(2019年12月4日公布の改正薬機法により、今年8月1日に施行)。法令の要件を満たす薬局は、都道府県の認定を受け、「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」を称することができるもの。

「地域連携薬局」は、利用者の心身の状況に配慮する構造設備、利用者の薬剤・医薬品の使用に関する情報を他の医療提供施設と共有する体制、 地域の患者に対し安定的に薬剤を供給するための調剤・調剤された薬剤の販売または授与の業務を行う体制、居宅などにおける調剤、情報の提供・薬学的知見に基づく指導を行う体制を要件としている。

同社グループでは、地域の医療機関と連携し、入退院時における情報交換、地域包括ケアシステムに関する会議への継続的参加、在宅訪問などを通じて、地域住民の治療をサポートしている。

また、教育体制を充実させ、がんといった専門知識が必要な疾患に対して薬学的知見に基づく調剤、説明ができる薬局の展開も進めている。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧