メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

DNP/東京食品機械と酸素バリアー性と密封性を持つ紙トレーの共同開発を開始

2022年02月07日経営

関連キーワード:

大日本印刷(DNP)は2月7日、東京食品機械と、プラスチック使用量を抑え、酸素バリアー性と密封性を持つ紙トレー「密封紙トレー」の共同開発を開始したと発表した。

<開発を開始した「密封紙トレー」(イメージ)>

開発する紙トレーは、トレー部に紙を使用し、プラスチック製のトレーと比較して、プラスチック使用量を約90%削減する。同時に、適切に管理された森林資源で製造する「森林認証紙」を使うことで環境保全に配慮する。

また、バリアー性のある素材と包装システムによって、これまで紙容器では困難だった密封性を実現し、食品の酸化や微生物などの増殖を抑制するガス置換包装(MAP)を可能にする。MAPは、内容物の消費期限の延長につながるため、フードロスの低減などに有効としている。

パッケージは、密封性があり、持ち運び時に内容物が漏れることがなく、電子レンジで温めることもできるため、食器代わりにトレーを使用する「即食」でも利用できるという。さらに、廃棄の際に、消費者がトレー部分の紙と内面フィルムを分離しやすいため、ゴミの減容化や紙のリサイクル促進に優れるとしている。

2社では、密封紙トレーの開発を進め、惣菜や冷凍食品など向けに発売する予定。2026年度には包装材料で10億円、包装システムでは20台の販売を目指す。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方