メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

UAゼンセン/4割の組合員の賃上げ決定、流通部門前年比206円増

2022年03月24日経営

関連キーワード:

UAゼンセンは3月24日、2022労働条件闘争の第2回目集中回答日(3月23日)を終え、UAゼンセン全体で約4割の組合員の賃上げが決定したと発表した。

<妥結内容が記入されたホワイトボードを前にする松浦昭彦会長>
妥結内容が記入されたホワイトボードを前にする松浦昭彦会長

第二のヤマ場を迎えた3月24日10時時点で、正社員組合員は147組合、パートタイム組合員は101組合、契約社員組合員は20組合が妥結した。組合員数全体でUAゼンセンの約4割にあたる組合員の賃上げが決まった(正社員約25万6000人、パートタイマー約46万4000人)。

新型コロナウイルスによる打撃が大きく「特異な年」であった前年を超える妥結が続き、コロナ禍の影響が少なかった2020労働条件闘争に比べても、妥結額が上回る組合が多数出ている。規模別では、300人未満の組合の妥結総合計額・率の単純平均が7290円・2.61%と、300人以上の組合(7290円・2.47%)と同額、率では上回った。

正社員組合員では、147組合の妥結総合計(制度昇給、ベア等込)は、単純平均で7290円(2.50%)となっており、前年・前々年の同時期と比べて上回った。

賃金体系維持が明確な104組合の賃金引き上げ分(ベア等)の単純平均は2434円(0.81%)であり、前年・前々年同時期を超えた。

前年・前々年と比較できる146組合の約7割が前年・前々年以上の妥結総合計額を獲得した。前年を856円、前々年を797円上回っている。

パートタイマーの1人あたり平均引き上げ率(制度昇給、ベア等込)は正社員を超え、第二のヤマ場終了時点において年連続正社員を上回っているという。

101組合の時間当たり賃金の妥結総合計(制度昇給、ベア等込)の単純平均は28.1円(2.68%)の引き上げとなっている。

契約社員組合員の妥結状況は、20組合の妥結総合計(制度昇給、ベア等込)は単純平均で5399円(2.28%)の引き上げとなっている。前年と比較できる19組合の単純平均は前年を819円(0.30%)、前々年を504円(0.16%)上回る。組合員1人あたりの平均引き上げ(制度昇給、ベア等込)は5482 円(2.30%)となった。

<流通部門前年比206円増>
流通部門前年比206円増

同一組合比較の部門別ではそれぞれが前年、前々年を越える妥結額を獲得している。一昨年から継続して賃金引き上げの流れを維持する流通部門(前年比206円増、前々年差496円増)を軸に、昨年の特異な状況を乗り越え一昨年を上回る引き上げ水準となった製造産業部門(前年比1657円増、前々年比1313円増)、総合サービス部門(前年比1477円増、前々年比887円増)においても人への投資に応える回答が続いている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方