メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

9月の訪日外国人客数/前年同月比19.0%増の191万人

日本政府観光局(JNTO)は10月19日、9月の訪日外国人客数(推計値)が前年同月比19.0%増の191万8000人になったと発表した。9月としては過去最高を更新した。

韓国の秋夕(旧盆休暇)、中華圏の中秋節やマレーシアの学校休暇など、祝日に伴う連休や休暇に加え、航空路線の新規就航・増便やこれまでの継続的な訪日旅行プロモーションの効果が、訪日外客数の堅調な増加につながった。

大幅な寄港増が見込まれていたクルーズについては、台風の影響によるキャンセルが重なったものの、中国を中心に70隻以上の寄港があったことが訪日外客数の増加の下支えとなった。

市場別では、韓国が42.8%増と熊本地震の発生以降、初めて40%を超える高い伸びを記録したほか、インドネシア、タイやフィリピンでも伸び率が30%を超えるなど、東南アジアも総じて好調に推移し、ロシアを除く19市場で、9月として過去最高を記録した。

中国が1月からの累計で500万7000人に達し、昨年の年計(499万人)を3か月早く超えた。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方