メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

国内アパレル市場/2015年は0.2%減の9兆3609億円

矢野経済研究所は10月27日、国内アパレル市場の調査結果を発表した。調査によると、2015年の国内アパレル総小売市場規模は前年比0.2%減の9兆3609億円だった。

品目別では、婦人服・洋品市場が0.4減の5兆8844億円、紳士服・洋品市場が0.4%増の2兆5585億円、ベビー・子供服・洋品市場が0.5%減の9180億円であった。紳士服・洋品だけが、僅かながらも前年を上回った。

販売チャネル別に見ると、百貨店は2.9%減の2兆600億円、量販店は6.3%減の9249億円、専門店は1.2%増の4兆9616億円、その他(通販等)は3.4%増の1兆4144億円だった。専門店とその他(通販等)チャネルが市場を下支えした。

その他(通販など)チャネルのなかでも、カタログ系通販企業は不振が続いているが、ネット系通販企業は依然として好調を維持している。

各社のインターネット通販への取り組みや消費者の利便性などから、インターネット通販は今後も有望なチャネルであるという。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方