小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ/台湾に新会社設立、年間100万箱の販売目指す

アサヒグループホールディングスは2018年1月より、台湾におけるグループ製品の酒類輸入・販売業務について、現地合弁会社が担う現行体制から、100%出資の新会社アサヒビール台湾が担う新体制へ移行する。

今回の新体制への移行により、従来の合弁会社のみによる販売体制から、台湾全土でそれぞれの地域や飲食店業態に強みを持つ複数の卸店を通じた幅広い販売網の構築、コンビニエンスストアなどの一部量販店へは直接販売を行うことが可能となる。新たな販路を開拓することで、さらなる売上の拡大を目指す。

また、100%資本出資の子会社によるガバナンス体制となることで、アサヒグループのマーケティング力を活かしたお客の需要掘り起こしと、グループの幅広い商品ラインアップを柔軟に提案できる営業体制を強化し、台湾における成長戦略の実現を加速する。

近年、台湾におけるビール市場は微増傾向が続いており、2016年は前年比0.7%増(出典:台湾財政部統計)となった。

台湾のビール市場全体は微増傾向であるものの、国産ビールは微減で、輸入ビールの増加が市場全体を支えている。牽引しているのは中高級価格帯の輸入ビールであり、その総量は直近5年間で約1.3倍(出典:台湾財政部統計)に拡大している。

2016年の台湾における「アサヒスーパードライ」を中心としたアサヒブランドの販売実績は、15%増となった。

体制においてさらなる販売強化に取り組むことで、年間販売目標100万箱(=633ml×20本)の早期達成を目指す。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧