メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

サッポロ/1~9月、ビール好調で売上高2%増

2017年11月02日決算

サッポロホールディングスが11月2日に発表した2018年12月期第3四半期の連結決算は、売上高4008億4500万円(前年同期比2.2%増)、営業利益107億3200万円(16.7%減)、経常利益102億5800万円(11.4%減)、純利益54億2400万円(2.9%増)となった。

売上面は、国内酒類事業でビールや多層化商品の売上数量が前年同期を上回り、また、国際事業で北米における酒類の売上数量が伸長したことなどから増収。

営業利益は、主力ブランドやグループ経営基盤強化への投資に加え、新規連結した「アンカー ブリューイングカンパニー社」の取得費用が計上されたこともあり減益だった。

2018年12月期通期の連結決算は、売上高5638億円(4.1%増)、営業利益213億円(5.1%増)、経常利益203億円(5.7%増)、純利益107億円(13.0%増)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方