メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

近鉄/4~9月の流通業は0.4%減の1944億円

2019年11月14日決算

近鉄グループホールディングスが11月13日に発表した2020年3月期第2四半期決算によると、流通業の売上高は1944億100万円(前年同期比0.4%減)、営業利益28億1600万円(15.4%減)となった。

<近商ストア店舗イメージ>
食品専門館ハーベス

百貨店部門で、「あべのハルカス近鉄本店」は好調を維持したが、郊外店でテナント運営による専門店化を進めたことに加え、ストア・飲食部門で、スーパーマーケットの店舗の閉鎖や建替えに伴う休業があったため、流通業全体では減収だった。

営業利益は、百貨店部門で、基幹システムの更新に伴い減価償却費が増加したこともあり、減益を計上している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方