小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

資生堂、伊藤忠/シーブリーズブランドでライフスタイルアイテム展開

エフティ資生堂と伊藤忠ファッションシステムは、リフレッシュケアブランド「シーブリーズ」(SEA BREEZE)の化粧品以外の日本展開についてライセンスエージェント契約を締結した。

<シーブリーズブランド>
シーブリーズブランド

2018年春夏より、シーブリーズブランドを様々な接点で体験できるアパレル・アクセサリーなどを含むライフスタイルアイテムを展開する。

伊藤忠ファッションシステムがエージェントとなり、日本市場における同ブランドの販売拡大とビジネスの活性化を目指すことで、同ブランドのブランドホルダーであるエフティ資生堂と合意した。

「シーブリーズ」(SEA BREEZE)は、1902年に米国で誕生した化粧品のブランドで、現在日本ではヘアケア、ボディケアなどのアイテムを配置した「爽快・リフレッシュケア」ブランドとして、10代の中高生をメインターゲットにしている。

特に「デオ&ウォーター」は、部活や受験といった学校生活を頑張る学生のマストアイテムとして支持されている。

2018年春夏から伊藤忠ファッションシステムは、「シーブリーズ」(SEA BREEZE)が発信する清涼感、爽快感、肌に優しい、紫外線対策、ユニセックスなどのキーワードをActivity、Urban Lifestyle、Home Interiorの3つの製品カテゴリーに注入。

「シーブリーズ」(SEA BREEZE)のライフスタイルを提案していく。

2018年春夏から順次販売をスタートする予定で、売上計画は、3年後、小売上代ベース10億円を見込んでいる。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧