小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アマゾンフレッシュ/「時短」料理でミールキット強化、RF1の総菜も販売

アマゾンジャパンは4月19日、有料会員「プライム」会員向けサービス「アマゾンフレッシュ」で、「時短」食品の品ぞろえを拡充すると発表した。

<アマゾンフレッシュのトップページ>
アマゾンフレッシュのトップページ

「通勤中の電車や子どもが寝たあとなど、隙間時間で素早く買い物を済ませたい」「毎日の献立を考えるのが一番の苦痛」といったお客の声に対応し、簡単に料理ができるミールキット商品を拡充する。

ミールキットは2018年2月から投入しており、4月19日時点で、「7品目の八宝菜」「たっぷりパクチーのチャプチェ」、「絹さやの入ったやわらかひれかつ煮」「国産豚肉とスナップエンドウの塩炒め」(各税込780円)など、合計16種類のミールキットを販売している。

<ミールキットの一例>
ミールキットの一例

ミールキットは、最短10分で2人前が完成し、580円からそろえた。ミールキットを投入することで、「献立を考える時間、買い物に行く時間」「調理・後片付けの時間」「食材を管理する時間」の3つの時間を削減する。

ミールキットは、キユーピーグループのデリア食品が提供する。

今後、お客の声を集め、幅広いニーズに対応できるよう、よりバラエティーに富んだミールキットのラインナップを拡充する。

<RF1の総菜>
RF1の総菜

4月19日から、総菜専門店「RF1」の総菜の販売を開始した。「緑黄色野菜のビタミンACEサラダ」「雑穀のガパオ風サラダ」「茄子と挽き肉のカリー」など18種類のパックサラダや総菜を販売する。

RF1の総菜を加え、アマゾンフレッシュの「総菜・チルド食品」コーナーでは、約200種類以上の総菜をそろえている。

また、カット済みで洗わずに使えるカットサラダ・カット野菜を30種類以上そろえた。焼くだけで簡単に調理できる味付き肉や、フレーク状に凍結して使いたい量だけすぐに取り出せる便利な「パラパラミンチ」など、時短に役立つ食材を拡充し、品ぞろえの面における利便性を提供する。

<お客からの声>
お客からの声

また、料理レシピサービスの「クックパッド」と「デリッシュキッチン」との連携を開始。クックパッドのプレミアムサービス会員向けの「プレミアム献立」ページ上とレシピ動画メディアデリッシュキッチンのモバイルアプリで紹介するレシピで、アマゾンフレッシュで材料を購入できるボタンを配置した。

<今年の取り組み>
今年の取り組み

毎日の食生活に必要な食材を販売するため、価格訴求も強化。週替わりで10%OFFで商品を販売する「今週のマルトク!」を開始する。

そのほか、実質無料で対象商品を提供する「おためし品コーナー」も設けた。

<白子ディレクター>
白子ディレクター

Amazonフレッシュ/Prime Now事業本部の白子雅也事業本部長は、「アマゾンは直接、顧客情報を取得せず、カードが会社が保有する顧客情報も活用しない方針なので、推測になるが、アマゾンフレッシュの利用者は女性が多く、家族が居て忙しい人が多い。注文から配送まで、短い時間で対応できる商品が好調であるため、時短という観点に着目した」という。

■Amazonフレッシュ
https://www.amazon.co.jp/fresh

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧