小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/「できたてからあげクンロボ」調理時間5分の1に短縮

ローソンは12月11日~28日、揚げたてを提供する「できたてからあげクンロボ」をTOC大崎店(東京都品川区)に設置する。

<できたてからあげクンロボ>
からあげクンロボ

できたての「からあげクン」を購入するニーズがどれくらいあるのか検証するもので、カウンターでは通常什器で「からあげクン」の販売を行い、「できたてからあげクンロボ」の利用率を調べる。

「できたてからあげクンロボ」は、お客の注文を受けて、店員がロボに冷凍した「からあげクン」の原料を投入する。調理時間は、デジタル技術を駆使し5分の1に短縮した。

利用時間は10時~21時で、でき立て商品に対するニーズを検証し、将来的には完全自動化を目指す。

ローソンは、年間約4万トンの鶏肉商品を店内で調理してカウンターで提供する。これは、からあげクンに換算すると年間約20億個に相当する。

今年のクリスマスシーズンに向け、からあげクンを揚げたての状態で食べてもらうことにこだわり、「できたてからあげクンロボ」を開発した。

提供メニューは、からあげクン3種(レギュラー、レッド、チーズ)。

全国の顧客に揚げたてのからあげクンを味わってもらうため、自宅で揚げたてに近いおいしさを再現できる方法を、12月中旬にローソンのホームページや公式SNSで紹介する。

<「できたてからあげクンロボ」利用の流れ>
(1)カウンターでからあげクンを注文・購入し、店員からパッケージを受け取る
店員からパッケージを受け取る

(2)前面のバーコード読み取り機で、からあげクンのパッケージ裏のバーコードをスキャンする
バーコードをスキャンする

(3)からあげクンのパッケージを組み立て、扉を開けてボックス内にセットする
ボックス内にセット

(4)調理後、出来上がったからあげクンが自動でパッケージ内に投入される
自動でパッケージ内に投入

(5)完成後、扉を開けて取り出す
成後、扉を開けて取り出す

■「できたてからあげクンロボ」による揚げたての提供
店舗:ローソンTOC大崎店(東京都品川区大崎1-6-1)
期間:12月11日~28日
時間:10時~21時
※12月11日~16日は10時~17時
サイズ:幅60cm×奥行59.45cm×高さ153.8cm(とさか除く)
提供メニュー:からあげクン3種(レギュラー、レッド、チーズ)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧