小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/吉村家監修「家系らーめん」「焼豚おにぎり」発売

商品/2019年11月27日

ローソンは12月3日、家系ラーメンの総本山「吉村家」が監修したホット麺「家系らーめん」(税込550円)、「焼豚おにぎり~豚骨醤油味~」(149円)を、関東甲信越エリア店舗(約4800店:2019年10月末時点)で発売する。

<「吉村家」が監修したホット麺>
「吉村家」が監修したホット麺

今回発売する商品は、香ばしい香りが特長のチャーシューと濃厚なスープが味わえる「家系らーめん」と、細かく切った焼豚を中具に入れた「焼豚おにぎり」となっている。

吉村家は、1974年に横浜市磯子地区に開店した、家系ラーメンの起源とされるラーメン店。1日に約1500杯のラーメンを販売するなど、行列の絶えない人気店で、直系店を日本各地に6店舗以上構えている。

ローソンは、2016年9月に、神奈川エリア限定で、吉村家が監修した「からあげクン 吉村家味」を発売し好評だった。同エリアでは、その人気から、商品発売初週のからあげクンの販売総数が、前年同週対比で約3割増えた。

「家系らーめん」は、食べ応えのある太いストレート麺に、ほうれん草、海苔、香ばしい香りが特長のチャーシューをトッピングし、麺とよく絡まる濃厚な豚骨醤油スープをあわせた。

<焼豚おにぎり>
焼豚おにぎり

「焼豚おにぎり~豚骨醤油味~」は、豚骨醤油味のラーメンスープで炊いたご飯に、細かく切った香ばしい香りが特長の焼豚を中具に入れた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧