小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

大阪府/4月14日~5月6日、施設の使用制限を要請

行政/2020年04月13日

大阪府は4月13日、緊急事態宣言に基づく緊急事態措置として、施設の使用制限の要請を追加すると発表した。施設の使用制限の内容は、ほぼ東京都に準じている。

府内の感染者の状況は、4月9日の陽性者数は、過去最高の92名。前日の8日に比べ、急激に増加した。4月11日(土)、12日(日)の陽性者数(70名、45名)は、1週間前(41名、21名)と比べ倍増した。また、感染源不明の患者も増加している。

緊急事態宣言前後における人口変動の状況では、緊急事態宣言直前との比較では、梅田・難波とも、国の目標である「最低7割、極力8割」の減少が達成できていない。

現状についての専門家の意見は、使用制限等は要請すべきで、使用制限を要請しない施設についても、感染拡大防止策の徹底を行うべきという。

こうした状況を総合的に判断した結果、従来の「外出自粛の要請」と「イベントの開催自粛の要 請」だけでは、国の基本的対処方針で示されている「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減 を目指す」という目標の達成が現状の取組みでは困難な状況にある。

このままでは、オーバーシュート(感染爆発)の危険性があることから、新たに「施設の使用制限の要請」等を行うという。

第12回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧