流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





御殿場市/市独自でバー、キャバレー、ナイトクラブの休業補償

2020年04月14日 17:20 / 行政

静岡県御殿場市は4月8日、新型コロナウイルス感染症による集団感染を防止するため、密閉空間・密集場所・密接場面の3つの「密」として条件がそろい感染拡大が危惧されるバー、キャバレー、ナイトクラブ等への外出自粛要請と店舗休業要請を行い、それに協力する店舗に対して売上げを補償すると発表した。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力店舗補償事業を開始したもので、補償対象者は、市内の「バー、キャバレー、ナイトクラブ」。4月16日から30日まで(15日間)店舗を休業し、市税の滞納が無く、制度による休業実施後速やかに営業を再開することの3要件を満たすと事業を利用できる。

補償額は、課税申告で使用する書類の年間売上高を24で割った額。営業が1年未満の店舗は営業月数に2をかけた数で割った額。上記で算出した額が100万円を超えた場合は100万円となる。申請受付期間は、4月9日~15日。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力店舗補償事業について

関連記事

関連カテゴリー

行政 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧