メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

福岡市/休業要請で家賃補償上限50万円など独自支援策

2020年04月14日行政

福岡市は4月14日、緊急事態宣言中の福岡市独自の緊急経済支援策を発表した。支援策は、「休業要請に協力する施設などへの支援」と「医療関係者等への支援」の2つで構成する。

休業要請に協力する施設などへの支援では、まず店舗への家賃支援を実施。緊急事態宣言に基づき福岡県から出された休業の協力要請・協力依頼を受け休業した中小企業・小規模事業者の店舗の賃料の5分の4、上限50万円を支給する。

ライブハウス、ホール、演劇場などの文化・エンターテインメント施設に対し、無観客での映像配信設備等にかかる経費として、50万円を上限に支援する。

宿泊事業者への支援では、宿泊施設内の消毒・除菌対応等の安全対策の強化にかかる経費として、1施設あたり50万円を上限に支援する。

飲食店への支援では、外出自粛の要請がされている中、外出自粛の更なる促進を図るため、市民のデリバリー利用促進を図るとともに、飲食店にデリバリー等へ対応を促すため、1回1000円以上の利用で500円分のポイントもしくはクーポンを還元する。

「緊急事態宣言中の福岡市独自の緊急経済支援策」を追加

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方