メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオンモール/PepperとAIを活用した接客実験

イオンモールとエクスウェアは8月5日、イオンモール幕張新都心で、人型ロボット「Pepper」とAIを活用した接客ソリューション「TaikQA for Pepper」の実証実験を開始する。

<実験概要>
実験概要

TaikQA for Pepperは、PepperとAIを組み合わせ、店舗や商業施設を訪れたお客に対し、PepperがAIに学習したデータをもとに、製品やサービスの説明を行うソリューション。

お客がPepperに質問すると、AIがその内容を認識し、音声やタブレット端末を通じて、最適な回答をする。

お客から寄せられた質問はログとして日々収集され、回答ができなかった質問を可視化し、AIに追加学習を行うことによって、Pepperの回答範囲の拡大を図る。

イオンモール幕張新都心では2015年12月から、10台のPepperを導入していた。これまでは、Pepperの胸ディスプレイを活用したコミュニケーションだった。

今回は、チャットボットTaikQA for Pepperを活用することで、お客と会話を通じた応答が可能となり、その回答範囲について検証するという。

■問い合わせ
エクスウェア
TEL:03-6864-0005
momonga_info@it-momonga.com

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方