メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三越伊勢丹/オンライン完結の紳士服オーダー開始、シャツ8900円

三越伊勢丹は10月29日、オーダー紳士服の新ブランド「Hi TAILOR(ハイ・テーラー)」を開始したと発表した。

<ハイ・テーラー>
ハイ・テーラー

「Hi TAILOR」は、来店せずともオンライン上で、採寸、注文が完結する紳士服のカスタムオーダーサービス。主要ターゲットは、20代から30代のビジネスパーソンで、オーダーサービスに興味のあるエントリー層を想定した。

ユーザーにとって身近なオンラインサービスの採用を通じ、これまでのオーダーサービスが持つ敷居の高さ、来店までの手間・面倒といったものをなくし、手軽にシャツやスーツを選ぶ楽しさを提供する。

テーラーのような確かなこだわりと、「Hi!」と気軽に呼んでもらえるようなサービスを目指し、「Hi TAILOR」と名付けた。

「年齢や役職に応じたしっかりとした装いをしたい」「きちんと見えるビジネスウェアを迷わずに選びたい」という声に、これまでの三越伊勢丹での接客や販売傾向を元に、スタンダードな1着で応える。オーダーシャツ(基本:税別8900円)を10月から発売、2020年春にオーダースーツ(4万5000円から)の取り扱いを開始する。今後、売上25億円規模の事業に育てたい考えだ。

<夜の空き時間などに簡単に注文できる>
夜の空き時間などに簡単に注文できる

同社は、「忙しいビジネスパーソンが、夜の空き時間などに簡単に注文できるシステム。オーダーに慣れていない人でも、生地を選ぶとお勧めのカスタムを自動的に提案するので、選びやすい。オンライン専業、店舗がなく、工場直送でコストを削減し、コストパフォーマンスが気になる若い世代に品質とともに価格面でもアピールする」と説明している。

<「自動採寸」を採用>
「自動採寸」を採用

採寸方法は、スマートフォンのカメラ機能を利用した、人の手を介さずに行う「自動採寸」を採用。オーダーはデザイン選定後、自身の写真2枚と身長・体重を入力し、フィット感を選定することで完了する。来店せずとも採寸・最適なサイズを提案する。

<採寸方法>

おすすめの組み合わせを用意しているだけでなく、迷ったら、職業、利用シーン、希望スタイリングを記入してフォームで送信すると、スタイリストがユーザー個人にフィットした提案を返信する。

<生地は90種から選べる>
生地は90種から選べる

4種のデザイン(定番、ノータイ、オフィスカジュアル、冠婚葬祭)もしくは、生地(無地・ストライプなど90種類)から選べる。そのほか、袖、カフス、前立、背中、ボタン、ポケット、ネームをカスタムでき、約3240通りを用意した。基本カスタム以外に、有料オプションも注文可能だという。

商品のデザインは、世界中に愛好家がいるシャツブランドのディレクターであるファビオ・ボレッリ氏が監修。衿型や芯地・ボタン、仕立てにいたるまで細部に徹底的にこだわった。

縫製は、高い技術力を誇る国内有数の老舗オーダーシャツ専門工場フレックスジャパン長野本社工場で実施。しっかりとした見た目と着心地のよさを追求している。注文から最短3週間で届く。

■Hi TAILOR
https://www.hi-tailor.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方