メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

相鉄/横浜ジョイナス館内のトイレ空き情報をスマホ、WEBで配信

相鉄ビルマネジメントは11月18日、横浜ジョイナスにおいて、バカンが提供するIoTによる空き情報可視化サービス「VACAN Throne」を導入し、ジョイナス館内のトイレ空き情報の配信を開始する。

<VACAN Throne>
VACAN Throne

「VACAN Throne」をジョイナス各階のトイレ個室計109カ所(スタッフ用を含む)に導入し、リアルタイムの空き情報をスマートフォン、PCから確認できるようになる。「密」になりがちな行列を避ける効果が期待できる。

空き混雑情報は、トイレ個室の扉に設置した小型のセンサーによって感知しており、画像情報の取得、個人情報の特定を行うものではないという。

合わせて、個室の混雑抑止を行いながら個室内に広告を配信するサービス「AirKnock Ads」も、各階トイレ個室内計99カ所(スタッフ用含む)に導入する。

<AirKnock Ads>
AirKnock Ads

「AirKnock Ads」は、トイレの混雑抑止を行いながら、個室内に動画広告(無音声)を配信するサービス。トイレ個室の壁面に小型のタブレットを設置し、約30秒間の動画広告(無音声)を配信する。

混雑時には、一定時間動画を再生した後、混雑発生の旨、個室滞在時間を表示するなどし、自主的な退出を促す機能も備えた。

また、バカンが開発し、ジョイナス館内で2018年2月より本格導入しているリアルタイム飲食店空き情報配信サービス「VACAN(バカン)」と、さまざまな企業が提供するサービスを連携させ、混雑緩和を目指した2つの新たなサービスも展開する。

<「Cavi」と「VACAN」が連携>
「Cavi」と「VACAN」が連携

バカンと清水建設が共同で手掛ける屋内向けナビゲーションサービス「Cavi(ケイビイ)」と「VACAN」を11月10日から連携させた。

「Cavi」は、QRコードを用い、建物の中や地下などのGPSの使えない場所でも快適なナビゲーションをサポートするサービス。ジョイナス館内各所に設置されているQRコードを、スマートフォンなどで利用者が読み込むと、今いる場所と目的地の位置関係を可視化。これにより目的地までスムーズに行きやすくなるだけでなく、「VACAN」の混雑情報と連携させることにより、施設内の混雑緩和も目指す。

さらに、ジョイナスでは、2020年2月より、地下1階デジタルサイネージ、webサイトにAIさくらさん(提供:ティファナ・ドットコム)を導入、ジョイナス内の店舗・施設や横浜駅周辺の案内を行っている。

<「VACAN」で取得した混雑情報をAIさくらさんが案内>
「VACAN」で取得した混雑情報をAIさくらさんが案内

このほど、AI さくらさんと「VACAN」の連携により、「VACAN」で取得した混雑情報を、API連携にてAIさくらさんを通して配信する新たなサービスを開始した。

■VACAN Throne空情報確認サイト
https://throneservice.com/joinus-public

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方