メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

DNP/後付け設置できる「非接触ホロタッチパネル」開発

大日本印刷(以下:DNP)は1月6日、リップマンホログラムの技術を活用して、画像を空中に浮遊させて表示し、この像に指で触れて操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」(以下「ホロタッチ」)を開発したと発表した。

<非接触ホロタッチパネル>
非接触ホロタッチパネル

3次元画像の表現に優れたリップマンホログラムは、画像を記録したフィルムに一定の角度からLEDなどの点光源の光を当てることで、フィルムから離れた空中に画像を浮かび上がらせることができる。浮遊距離は約50mmまで調整可能だという。

<ホロタッチの利用イメージ>

「ホロタッチ」は、このリップマンホログラムの技術を活かし、フィルム(厚さ0.1~0.2mm)に描画した操作ボタンなどを空中に浮遊させ、赤外線などで空中の位置を検出するセンサーと組み合せたDNP独自のシステム(特許出願済)。軽量でコンパクトなタッチレス入力端末・機器として、既存の情報端末の表面に直接触れることなく、操作できる。

<既存の機器に後付けで設置できる>
既存の機器に後付けで設置できる

ウイルス感染の防止などの観点から非接触のニーズが高まるなか、銀行や店舗のATMやレジなど、既存のタッチ式ディスプレイ端末に後付けでフィルムを貼ることで、空中で操作できるようにする導入を想定している。

2022年度に関連のサービスも含め30億円の売上を目指す。

「ホロタッチ」は、操作ボタンなどを描画したリップマンホログラムのフィルムとセンサーなどを組み合わせた構成で、既存の端末・入力機器に後付けで設置するだけでタッチレス機器として活用。空中の一定の位置で指を止める動作は難しいが、「ホロタッチ」では手指に反応する柄を目視できるため、空中での指操作が容易だという。

空中の高精細な映像をあたかも指で触っているかのように操作でき、店頭のPOPなどに展開可能な「空中ディスプレイ入力端末」の提供(2021年3月発売予定)とともに、生活者が外出時にも安心してさまざまなサービスを利用できる環境づくりを支援する。

■問い合わせ先
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1189548_1567.html

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方