メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アインHD/セブンイレブンと処方箋医薬品のロッカー受け取り実証実験

2021年05月20日店舗

アインホールディングスは5月20日、セブン‐イレブン・ジャパン、Packcity Japan(パックシティジャパン)とともに、セブン‐イレブンに設置するオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を利用して、処方箋医薬品を受け取る実証実験を開始したと発表した。

<実証実験のイメージ図>
5020ain - アインHD/セブンイレブンと処方箋医薬品のロッカー受け取り実証実験
実証実験は、まず患者がアインホールディングスの調剤薬局に処方箋を提出。薬局では薬剤師が服薬指導を行った後、処方された薬をセブン-イレブン内にあるPUDOステーション(ロッカー)に納品し、患者はロッカーから薬を受け取る。その後、薬局は受け取りの確認を行う。

薬局は、神奈川県川崎市の「アイン薬局 川崎店」と「アイン薬局 アトレ川崎店」、埼玉県富士見市の「アイン薬局 ふじみ野店」、埼玉県久喜市の「アイン薬局 東鷲宮店」で実施する。実証期間は5月20日~11月19日まで。

アインHDでは、実証実験で服薬指導後の処方箋医薬品のロッカー受け取りを活用し、コロナ禍で、時間に縛られずに薬を受け取りたい人や、感染防止対策として非接触で薬を受け取りたい人など、非対面・非接触サービスのニーズに対応することで、患者の利便性の向上と安心で安全な薬物治療の継続に貢献できるとしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年07月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方