小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン、ライフ、生協など/生鮮・牛乳消費促進で応援販売、生産者支援

販促/2020年05月13日

イオンリテール、ライフコーポレーション、日本生協連など小売各社は、緊急事態宣言延長、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための活動自粛に伴い、外食、給食などの販路での売上が減少している生産者の応援販売を拡充している。

<イオングループは応援販売を継続>
イオングループは応援販売を継続

イオンリテールは5月13日から、順次営業を再開するイオンモールの核店舗「イオン」「イオンスタイル」を中心に地域の鮮魚、銘柄牛、牛乳などの販売を推進する。

カニやウニなど憧れの水産物をお買い得価格で毎週末、水産コーナーで販売。旬の「メロン」「すいか」「国産マンゴー」「パイナップル」などの果物、「レタス」「大葉」などの野菜もお買得価格で提供する。

給食向け牛乳の出荷先が少なくなるなか、各地の生産者と協力して「給食でおなじみの牛乳」など地域の牛乳を取り揃えた。

5月13日より、イオンスタイル名取、イオンスタイル松本、イオン浜松志都呂店、イオン鈴鹿店、イオンスタイル徳島の5店舗にて実施。その後、順次拡大予定となっている。

イオングループ近畿274店「絆市」北海道は地元飲食店の弁当販売

また、イオンリテール、ダイエー、光洋のイオングループ3社で5月15日~17日、近畿の「イオン」「イオンスタイル」「ダイエー」「KOHYO」「マックスバリュ」など274店舗にて「生産者の方々を元気に!イオン絆(きずな)市」を開催する。

イオングループ3社協働で合計約1万尾の和歌山県産「活〆真鯛(養殖)」を販売するほか、近畿・西日本各地の漁港、産地から新鮮で旬な水産物、農産物がそろう。

<イオン北海道は地元飲食店の弁当販売>
イオン北海道は地元飲食店の弁当販売

イオン北海道は5月12日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業や来店客が減少している飲食店をサポートするため、札幌市内の「イオン」「マックスバリュ」7店舗において、北海道を中心に展開する飲食店が製造した弁当を5月毎週土・日の曜日限定で販売すると発表した。

和食の「ふく亭」、焼肉「徳寿」が製造した弁当3種類がそろう。

イオン札幌発寒店、イオン札幌桑園店、イオン札幌元町店、イオン新さっぽろ店、イオン東札幌店、イオン札幌藻岩店、マックスバリュマルヤマクラス店で実施する。

販売期間は5月16日(土)・17日(日)、23日(土)・24日(日)、30日(土)・31日(日)。

ライフ、生協「牛乳販売」で酪農家支援

<長野県の給食用牛乳3万本販売>
長野県の給食用牛乳3万本販売

ライフコーポレーションは5月13日、酪農家支援の第3弾として、学校給食用の牛乳(税別78円、200ml)をライフ各店舗(ドラッグプラス品川御殿山店、ビオラル靭店、ミニエル西本町店は除く)で販売開始した。

学校給食用牛乳の供給停止を余儀なくされた酪農家への支援の一環として、学校給食用牛乳を販売。供給停止となった牛乳は廃棄、あるいは脱脂粉乳等の加工用として牛乳に比べ安価で取り引きされ、酪農事業に影響が及ぶため、3万本を各店で販売することで支援する。

第1弾(3月18日~28日)、第2弾(4月22日~5月2日)に続き、3回目の実施となる。

<「プラスワンプロジェクト」に賛同>
「プラスワンプロジェクト」に賛同

日本生協連は、コープデリ生活協同組合連合会(コープデリ)と生活協同組合ユーコープ(ユーコープ)と、農林水産省が4月21日に開始した「プラスワンプロジェクト」に賛同。コープデリグループ(コープみらい、いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、コープながの)とユーコープの店舗にて「CO・OP コープ北海道十勝牛乳」(よつ葉乳業委託)を特別価格で提供する消費促進キャンペーンを実施する。

「プラスワンプロジェクト」は、新型コロナウィルス感染症に関する緊急事態宣言の対象地域拡大により、学校給食や外食産業における牛乳や乳製品の消費の更なる減少が懸念される中、酪農家を支えるため、牛乳やヨーグルトを普段より1本多く消費することを推進する運動。

コープデリとユーコープ、日本生協連は、よつ葉乳業社と産地生産者の協力で、牛乳の消費拡大に貢献するため、5月12日よりコープデリグループ(コープみらい、いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、コープながの)の全店舗にて、5月20日からユーコープの対象店舗60店にて「CO・OP コープ北海道十勝牛乳」を特別価格(通常価格の5%~8%引き)で提供する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧