メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/フードデリバリー「フードパンダ」東京・北海道75店舗に追加導入

2021年07月01日販促

関連キーワード:

ローソンは7月1日、現在、北海道札幌市と福岡県福岡市の直営店合計7店舗で導入しているフードデリバリーサービス「フードパンダ」について、新たに東京都内の53店舗でサービスを開始した。

<ローソンの「フードパンダ」の取扱店舗数は合計82店舗>
ローソンの「フードパンダ」の取扱店舗数は合計82店舗

同時に、北海道札幌市についても22店舗を追加。これにより、ローソンの「フードパンダ」の取扱店舗数は合計82店舗(札幌市25店舗、福岡市4店舗、東京都53店舗)へと拡大した。

ローソンのデリバリーサービス取扱店舗数は、7月1日時点で30都道府県の1893店舗となる予定。ローソンでは、2019年8月に日本のコンビニエンスストアでは初めて「ウーバーイーツ」の導入を開始した。コロナ禍によるデリバリー需要の高まりを受け、2020年11月には新たなデリバリーサービスとして「フードパンダ」を、2021年4月にはナチュラルローソンで「wolt(ウォルト)」を導入した。また、2021年2月からは「ウーバーイーツ」では国内初となる医薬品の配送を開始し現在、25店舗で展開している。

今回、取扱店舗を拡大する「フードパンダ」については、20代~30代の利用者が多く、購入商品は他のデリバリーサービスでも上位に入る「からあげクン」のほか、2リットルのミネラルウォーター、デザートなどが上位に入る傾向が見られるという。

■ローソンにおける「フードパンダ」のサービス概要
取扱商品:約350品目
主な商品:弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、酒類、カップ麺、日用品、雑誌など
※サービス時間は店舗により異なる

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方