メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/休業、外出自粛の影響で5月既存売上全8社減

2020年06月29日月次

ラーメン・カレー・定食8社が発表した5月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺36.4%減、王将フードサービス11.8%減、リンガーハット48.7%減、ハイデイ日高52.0%減、幸楽苑37.8%減、いきなりステーキ50.6%減、壱番屋20.5%減、大戸屋40.4%減と新型コロナウイルス感染拡大防止のための休業、外出自粛の影響で、各社前年を大きく下回った。

■トリドールホールディングス(2020年3月期:売上高1564億円)
全業態既存店売上高36.8%減、客数45.8%減、客単価16.7%増。全店の売上高44.2%減。

うち丸亀製麺は売上高36.4%減、客数46.1%減、客単価17.9%増

出店1、退店5、丸亀製麺店舗数845店、全店店舗数1056店。

■王将フードサービス(2020年3月期:855億円)
既存店の売上高55億8200万円(11.8%減)、客数502万9000人(24.0%減)、客単価1110円(16.1%増)

全店の売上高57億4300万円(13.4%減)、客数519万2000人(25.5%減)、客単価1106円(16.3%増)

5月は出店0、退店1、5月末店舗数732店舗

5月業績は、自粛要請によるGWの来店数減少など大きな影響を受けたが、三密を避け家庭での食事を希望する顧客の要望に応えるため、引き続きテイクアウト利用時の利便性向上を図った。

持ち帰りが事前予約・事前決済できるEPRAKシステムのFC店舗への拡大、デリバリーサービス導入店舗をさらに 53店舗拡大させ202店舗が対応可能となっている。

これらの顧客ニーズに応えた施策が功を奏し、テイクアウト売上は前年同月対比約2.2倍と前月の1.9倍をさらに上回り、テイクアウト売上が、店内売上の減少を補完した。

期間限定の「酒類持帰許可」を東日本100店舗にて取得し、缶ビールを持ち帰りできるサービスも開始している。

■リンガーハット(2020年2月期:472億円)
既存店売上高48.7%減、客数50.0%減、客単価2.6%増

うちリンガーハットは売上高51.2%減、客数51.9%減、客単価1.4%増

浜かつは売上高37.6%減、客数37.5%減、客単価0.2%減

全店売上高48.9%減、客数50.1%減、客単価2.4%増

5月は出店1、退店1、期末店舗数はリンガーハット706、浜かつ99、その他10、合計815店

■ハイデイ日高(2020年2月期:422億円)
既存店売上高52.0%減、客数52.9%減、客単価2.0%増

全店売上高52.2%減、客数52.9%減、客単価1.5%増

出店2、退店0、店舗数444店

■幸楽苑(2020年3月期:売上高382億円)
既存店売上高37.8%減、客数37.4%減、客単価0.6%減、店舗数419店

全店売上高44.0%減、客数43.9%減、客単価0.1%減、店舗数446店

ゴールデンウィーク最終日まで全都道府県が緊急事態宣言の対象となっていたことが、5月度の既存店客数の主な減少要因となった。

行政からの要請による営業時間の短縮、ショッピングセンターの営業自粛に伴うフードコート休業等によって客数は一時50%未満まで落ち込んだ。

しかし、「幸弁」(幸楽苑弁当)、テイクアウト商品の販売が伸長したこと、緊急事態宣言が順次解除されたことにより、5月20日頃より回復し、既存店客数前期比は37.4%減(4月比14.7%増)で着地した。

■ペッパーフードサービス(2019年12月期:売上高675億円)
ペッパーランチの既存店売上高39.1%減、客数38.4%減、客単価1.1%減。

全店売上高61.6%減、客数61.3%減、客単価0.8%減、国内店舗数189店。

レストラン事業の既存店売上高45.1%減、客数41.5%減、客単価6.2%減。

全店の売上高67.7%減、客数68.1%減、客単価1.2%増、国内店舗数15店。

いきなり!ステーキの既存店売上高50.6%減、客数39.2%減、客単価18.2%減

全店売上高76.9%減、客数71.2%減、客単価19.7%減、国内店舗数414店。

5月は、新型コロナウイルス感染防止のため全店において営業時間短縮または休業措置をとっていた。

■壱番屋(2020年2月期:売上高514億円)
既存店売上高20.5%減、客数20.5%減、客単価0.0%増

全店売上高20.5%減、出店3、退店2、店舗数1481店

客数は、各自治体からの営業自粛要請などによる店舗営業時間の短縮、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響で大きく落ち込んだ。

■大戸屋(2020年3月期:245億円)
既存店売上高40.4%減、客数41.0%減、客単価0.9%増、店舗数171店。

全店売上高11億6897万円(56.6%減)、店舗数339店。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方