流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ニトリ/前年の在宅勤務需要の反動減で、8月既存店19.5%減

2021年09月07日 10:40 / 月次

ニトリ(2021年2月期売上高:7169億円)が発表した8月の月次国内売上高前年比によると、既存店売上高は前年同月比19.5%減、客数19.9%減、客単価1.6%増となった。

全店は、売上高16.6%減、客数16.6%減、客単価0.1%減だった。出店1、退店0、国内店舗数595店だった。

8月度は、7月21日から8月20日で、国内では、8月6日に「イオンタウン吉川美南店」を出店した。一方で、閉店はなかった。

TVCM効果などにより、寝具寝装品や収納整理用品が計画に対して順調に推移した。前年8月度は、在宅勤務需要の継続により、既存店前年比15.0%増と売上が伸長していた。

一方、今年8月度は、全国的に見舞われた大雨などの自然災害や緊急事態宣言・まん延防止等重点措置等の影響もあり、前年割れとなった。なお、8月度の曜日調整による影響はなかった。

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧