メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ショッピングセンター/2月既存SC売上4.4%減、19年比18.8%減

2022年03月25日月次

日本ショッピングセンター協会が3月25日に発表した2月のショッピングセンター(SC)販売状況によると、既存SCの売上高は前年同月比4.4%減となった。2019年比では18.8%減だった。

<既存SC売上高伸長率の推移>
既存SC売上高伸長率の推移

36都道府県がまん延防止等重点措置下での営業となった2月は、既存SC売上高の前年同月比伸長率は総合で4.4%減と1月の11.0%増から一転マイナスとなった。

テナントは、4.9%減となった。特に、前年通常営業ができた地域のSCでは、まん延防止等重点措置発出に伴う営業時間短縮によりディナータイムの売上の落ち込みが大きかった。

また、物販も、全国的に気温が低く推移したこともあり、春物商材の動きが低調だったという。

キーテナントは、2.4%減。中心地域は2.9%増と前年を上回った一方で、周辺地域では前年と比較して来館者数の減少が郊外立地のGMSを中心にみられ、3.3%減と前年を下回った。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方