小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

住友商事/松戸北部市場跡地に複合商業施設、2019年度開業

住友商事は5月16日、千葉県松戸市に2019年に複合商業施設を開業すると発表した。

<計画地>
計画地

千葉県松戸市の松戸市公設地方卸売市場北部市場の跡地利用活用において、土地所有者である千葉県食品流通センターと事業用定期借地契約の予約契約を締結した。

住友商事は約5ヘクタールの広大な北部市場跡地に、複数の大型店と専門店を集積した一体型多モールの形態による、街並みとの調和と地域の多世代交流の空間を実現する商業施設の開発を行い、新たな交流の拠点・憩いの場を提供する。

松戸北部市場開発プロジェクトは、2018年度内の着工、2019年度内の竣工・開業を目指す。

商業施設には物販・飲食・サービス業種の他に、シネマコンプレックスを核としたアミューズメント機能、地域住民の健康維持促進のためのフィットネスやクリニックなどの導入を検討する。

住友商事と運営管理会社である住商アーバン開発が計画段階から一体となり、継続的に住友商事グループが事業運営する体制を構築するという。

北部市場は、1969年の開設以来、卸売市場として長く市民の食生活を支える重要な役割を担ってきたが、施設の老朽化と耐震性の問題、市場を取り巻く環境の変化などにより、2017年3月末に閉鎖した。

対象土地
所在地:千葉県松戸市八ヶ崎2-8-1他
敷地面積:49,179.60m2
用途地域:準工業地域
所有者:千葉県食品流通センター
賃借人:住友商事

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧