小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

住友商事/京都に店舗、ホテルなどを整備した文化複合施設オープン

住友商事は1月18日、京都に店舗やホテルなどを整備した文化複合施設をオープンする、と発表した。

<竣工イメージ>
竣工イメージ

同社は、京都市が実施した「元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用」の公募型プロポーザルにおいて、契約候補事業者として選定された。

同プロポーザルは、京都市が、地域の活性化と魅力あるまちづくりに貢献する「賑わいと文化交流が生まれる施設」の整備のため、同市所有の元白川小学校(元粟田小学校)跡地を借り受け、事業を展開するもの。

住友商事は同計画地において、文化事業と賑わい事業を融合し、伝統文化や伝統産業を取り込み体現した、文化複合施設を開発する予定。

同施設には、伝統工芸品を展示・販売するギャラリーショップや、地域住民が気軽に立ち寄れるコミュニティ・ガーデン、京文化の体験が可能なホテルなどを整備する。

外観についても、京都市の魅力ある景観に調和した現代和風とする。

今後、具体的な事業化に向けた合意形成のため、京都市や地域住民の方々との協議を行った上で、 京都市と基本協定書を締結し、事業を推進していく。

■計画概要
所在地:京都市東山区三条通白川橋東入三丁目夷町175番2外
建物用途:地域交流施設・ホテル・飲食・物販
敷地面積:6531.55m2
建築面積:3108.97m2
延床面積:1万2770.71m2
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造
階数:地上5階、地下1階

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧