小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンモール/「スペースワールド」跡地にアウトレット出店

店舗/2020年02月20日

イオンモールは2月19日、福岡県北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」跡地に、2022年春の開業を目指し、地域創生型商業施設「THE OUTLETS(ジ アウトレット)」を開業すると発表した。

福岡県北九州市八幡東区に出店する「(仮称)八幡東田プロジェクト」の計画概要とコンセプトが決定したもの。

<プロジェクトの鳥瞰イメージ>
プロジェクトの鳥瞰イメージ

計画地は、北九州都市高速「枝光IC」、JR鹿児島本線「スペースワールド駅」に隣接し、車、電車、バスなど全ての交通アクセスが良好な立地にある。

計画地周辺は世界遺産である「官営八幡製鐵所」、北九州市が運営する博物館等が立地しており、北九州市の観光拠点の一つのエリアとなっているという。

<ジ アウトレットのコンセプト>
ジ アウトレットのコンセプト

これまで各種検討を重ねた結果、既存の「イオンモール八幡東」との相乗効果も図れる業態として、地域創生型商業施設ジ アウトレットの出店を決定した。2022年春オープンを目標に計画を進める。

プロジェクト内には北九州市の「新科学館」も移転する予定であり、周辺の博物館群や世界遺産の「官営八幡製鐵所」などの立地環境などを踏まえた施設づくりにより、「八幡東田地区」の拠点性強化の一助になる計画を目指す。

プロジェクトが北九州市の新たな「ランドマーク」(観光拠点施設)として、北九州市内を中心とする地域の人々のほか、国内外からの観光客も来店する施設を目指す。

<ゾーニング計画>
ゾーニング計画

■計画概要
所在地:福岡県北九州市八幡東区東田4-1-101外
敷地面積:約27万m2(プロジェクト全体面積)
延床面積:約7万5000m2
総賃貸面積:約5万8500m2
駐車台数:約4000台(敷地外駐車場含む)
開店予定:2022年春

■プロジェクトとイオンモール八幡東合計概要(参考)
敷地面積:約33万6000m2
延床面積:約15万8600m2
総賃貸面積:約10万6500m2
駐車台数:約6000台(敷地外駐車場含む)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧