小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR博多シティ/2015年度は過去最高の売上高1035億円

JR博多シティの2015年度の売上高は、前年比5.2%増の1035億円となった。

施設別の内訳は、アミュプラザ博多は3.6%増の382億円、アミュエスト・博多デイトス、デイトスアネックス・コンコースは11.7%増の214億円、博多阪急は4%増の439億円だった。

入館者数は、アミュプラザ博多・博多阪急で0.8%増の約4850万人。1日の平均入館者数は約13万人で、平日は約11万人、土日祝は約17万人だった。

アミュエスト・博多デイトスの入館者数は8.4%増の約1900万人。1日の平均入館者数は約5万人で、平日は約5万人、土日祝は約5万人だった。

アミュプラザ博多は、ハウスカード「JQカード」を中心とした顧客施策が奏功し売上が伸長した。季節商品が高稼働した服飾雑貨・雑貨やお土産需要の好調な食品が売上をけん引した。

インバウンド需要も高く、免税売上は140.3%増(売上構成比1.9%)と大きく伸長した。

3月にリニューアルした店舗29店も前年同区画対比で31.9%増と伸長した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧