小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ゴディバ/元スターバックスCMOのアニー氏が新社長に

プレミアムチョコレートのゴディバ社は7月28日、Annie Young-Scrivner(アニー・ヤング=スクリブナー)を9月14日付けで、最高経営責任者(CEO)として任命すると発表した。

<新社長のアニー氏>
新社長のアニー氏

アニー氏は、スターバックス・コーヒーのグローバルCMO兼Tazo Teaの社長を経て、ゴディバ社に入社する。

前職では、Tazo Teaカナダの社長とTeavana Teasの社長を歴任した。スターバックス在職中は、優秀なチームを結成し、ソーシャルメディア、デジタルメディア、ロイヤルティーを駆使し、革新と複数チャネルでの成長のためにブランドを刷新、スターバックスを首位に導いた。

Teavana Teasでは、お茶を世界でも最も伸長率の高い飲料として成長させた。

Tazo Tea、Teavena Teas以前には、20年間に渡りペプシコの上級指導者と総合管理者、中国のペプシコ・フードの会長兼社長を務め、2桁を超える成長率をもたらしたという。

2014年以降は、数十億ドル規模の百貨店であるMacy’sの管理職を務め、University of WashingtonのFoster School of Businessの学部長の諮問委員のメンバーとして、2018年のセッションでは諮問委員長を務めることが決定している。

今後、アニー氏は、ニューヨークにあるゴディバ本社を拠点とし、世界中のゴディバを管轄する。

強みである小売業での速い成長達成力と、革新をもたらすこれまでの実績に加え、デジタルを通じた消費者とのコミュニケーションの活用を提案する。

日本、中国、北アメリカを含む市場の継続的な成長、ゴディバの世界的なトラベルリテール事業もリードする。

アニー氏は、「ゴディバ社の新しいCEOになることに、大変興奮しています。究極のチョコレート体験を創造するために、ブランドの伝統と情熱を継続することができて光栄です。ゴディバは世界中に優れた存在感を発揮しています。これまで以上に多くの消費者を美味の世界に招くことができるよう、才気あるゴディバのチームと共に働くことを楽しみにしています」とコメントしている。

現CEO兼社長のモハメド・エルサーキー氏は、新しいプロジェクトに焦点を絞るために現在のポジションから退任する。

モハメド氏はグループの一員として、ゴディバの会長であるムラット・ウルケル氏と密接に協力し、ユルドゥズ・ホールディングスのリーダーチームへ活躍の場を移すという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧