小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

人手不足倒産が大幅増/飲食店の倒産707件、食料品小売314件

帝国データバンクが1月16日発表した全国企業倒産集計2017年報によると、2017年の倒産件数は8376件(前年比2.6%増)と、8年ぶりの前年比増加となった。

<倒産件数推移>
倒産件数推移

負債総額は1兆5551億3300万円(21.9%減)。

業種別に見ると、小売業やサービス業など7業種中4業種で前年を上回った。小売業では飲食店が707件(26.9%増)、食料品小売314件(20.3%増)。

主因別の内訳を見ると、「不況型倒産」の合計は6844件(前年6783件)。構成比は81.7%(同83.1%)と、前年を1.4ポイント下回り、2年連続の前年比減少となった。

「人手不足倒産」は106件(前年72件)、前年比47.2%の大幅増加となった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧