流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファミリーマート/「台風10号」で九州・中四国921店休業(9月7日11時時点)

2020年09月07日 12:30 / 経営

ファミリーマートは9月6日15時時点で、台風10号の接近に伴い、九州・沖縄県の約1000店舗の計画休業を発表した。

休業開始日は大半が、9月6日もしくは9月7日を計画。営業再開日時を含め休業期間は、店舗によって異なる。

九州地方への9月7日の納品は、一部地域や商品を除き、休止を予定している。

また、9月7日11時時点の発表によると、九州・沖縄で900店、高知県20店、山口県1店の計921店が休業している。

■2020年7月末現在九州店舗数(国内エリアフランチャイズ各社を含む)
合計1988店
福岡県:534店、佐賀県:74店、長崎県:154店、熊本県:200店、大分県:120店、宮崎県:124店、鹿児島県:267店、沖縄県:327店、高知県:92店、山口県:106店。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧