メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

上場企業1803社/平均年間給与630万円、小売業は9年連続増で494万円

2020年09月11日経営

東京商工リサーチは9月11日、「上場企業1803社の平均年間給与」調査(2020年3月期決算)を発表した。

<上場企業1803社の平均年間給与>
上場企業1803社の平均年間給与
※出典:東京商工リサーチホームページ(以下同)

2020年3月期決算の上場1803社の平均年間給与(以下、平均給与)は630万5000円(前年同期629万円)だった。前年同期より1万5000円(0.2%)増加した。

平均給与は2012年3月期以降、9年連続で上昇したが、伸び率は鈍化。平均給与の中央値は前年同期と同額の614万円となっている。

業種別の最高は、4年連続で建設業の756万1000円(前年同期748万6000円)。一方、最低は小売業の494万7000円(同483万5000円)だった。唯一、400万円台だったが、小売業は9年連続で増加している。

建設業は4年連続でトップを維持し、2016年3月期から700万円台で推移している。

2位は不動産業749万6000円(前年同期736万3000円)、3位電気・ガス業689万円(同688万7000円)と続く。

平均給与の最高は、売掛債権保証のイー・ギャランティの2413万1000円(前年同期485万1000円)。株式報酬が大幅に増加し前年同期1561位から急伸、唯一、2000万円台に乗せた。

<上位10社の平均給与ランキング>
平均給与ランキング

上位10位は、総合商社5社と不動産3社、M&A仲介など。1000万円以上は33社(前年同期27社)で、過去最多を更新した。

銀行トップは、あおぞら銀行の793万円(前年同期803万7000円)で、全体順位は193位。

対象外の持株会社247社では、最高は東京放送ホールディングスの1622万4000円で、1000万円以上は前年同期と同数の30社だった。

<金額別平均給与>
平均給与

平均給与1000万円以上は33社(構成比1.8%)で、前年同期より6社増え過去最多を更新している。

このほか、500万円以上600万円未満は530社(同29.3%)、600万円以上700万円未満も518社(同28.7%)と拮抗し、500万円未満は286社(同15.8%)だった。

■問い合わせ先
東京商工リサーチ 情報部
TEL:03-6910-3155

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方