メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

国分/久世と資本業務提携、筆頭株主に

2022年03月18日経営

関連キーワード:

国分本社グループは3月18日、久世と資本業務提携について合意したと発表した。

<国分と久世が資本業務提携>
国分と久世が資本業務提携
※左から国分晃社長、国分勘兵衛会長、久世健吉会長、久世真也社長

提携により、経営資源を相互活用し、中⻑期的なビジョンを共有しながら業界発展に貢献すると同時に、両社グループの独自性や強みをさらに成長させることで企業価値の向上を図る。

久世は発行新株式数および処分自己株式数の合計92万4945株(発酵済株式総数の19.99%、1株当たり取得価額757円、取得価額約7億円)を国分に割り当てる。株式の移動予定日は4月11日、手数料を除いた調達金額は約6億9000万円。久世は、調達した資金を財務基盤の強化を目的とした借入金の返済に充てる。

また、この第三者割当により、国分が筆頭株主になる。

さらに、久世は2022年3月期の定時株主総会において、国分が指名する取締役候補者1人を含む取締役選任議案を株主総会に上程する予定だ。

具体的には、久世が保有する国内業務用卸売事業に関する機能・ノウハウなどの経営資源と国分グループが保有する物流・販売網等の経営資源を相互活用する。

国分グループが保有する倉庫インフラやノウハウを共同活用することで、物流サービスおよび機能の最適化を図るとともに物流コストの負担軽減に取り組む。配送インフラの共同活用を検討し、これにより配送効率の向上を目指す。

情報システムを相互利用することで、マーケティングデータを有効活用し、両社グループの優位性のある市場へ向けた有効な投資効果を確保する。

商品の仕入れ・調達についての協業により、購買力と品ぞろえを強化する。新たな共通の情報プラットフォームを検討・構築。流通業界全体のさらなる発展を目指し、業界各社との協調につなげるほか、人材交流を通じ、異なる経営環境での経験を積み重ねていく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方