流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ヤマダHD/住宅ローンのハウス・デポ・パートナーズを子会社化

2022年12月19日 13:00 / 経営

ヤマダホールディングスは12月19日、同社100%子会社のヤマダファイナンスサービスが住宅ローン融資業のハウス・デポ・パートナーズを子会社化すると発表した。

ヤマダHD

ハウス・デポ・パートナーズは、「フラット35」(買取型)を販売するモーゲージバンク。全国に販売ネットワークを保有し、リアル営業によるサービスレベルの高さを生かし年間2300件を超える「フラット35」を提供している。モーゲージバンク業界では第9位(ヤマダファイナンスサービス調べ)だという。

ハウス・デポ・パートナーズが持つ販売ネットワークについて、ヤマダHDグループの「住建セグメント」のみならず、「デンキセグメント」「金融セグメント」などとの総合的な情報連携を期待している。

ヤマダファイナンスサービスは、固定金利型住宅ローン「フラット35」や変動金利型「ヤマダ NEOBANK 住宅ローン」の取り扱いをしており、両社の強みを生かし、事業効率の改善、事業領域の拡大を進めていく。

ヤマダHDの「暮らしまるごと」戦略を推進するうえで、住宅ローン市場におけるシェア拡大は極めて有効だとしている。住宅ローンの取り扱いを通じて、顧客との長期的なつながりができることから、「家電・家具一括購入」「各種金融商品の案内」「将来のリフォームのご提案」など幅広いビジネスチャンスを開拓したい考えだ。

■ハウス・デポ・パートナーズ
本社:東京都中央区日本橋本町1-1-8
設立:2007年4月2日
主な事業:住宅ローン融資業
資本金:7億円
株主・比率:三井物産(51%)、JKホールディングス(49%)
許可等:貸金業登録番号 関東財務局長(3)第01508号
日本貸金業協会会員 第005893号

■ヤマダHDの関連記事
ヤマダHD/4~9月はデンキ事業苦戦で減収減益

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧