小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

DoCLASSE/自由が丘に旗艦店を出店、店舗売上比率50%を目標に

<店内ディスプレイはカタログと連動>
店内ディスプレイはカタログと連動

大きな軸となるテーマは春夏秋冬に各2つ、合計8つを用意。8つの軸にさらに4つ程度のバリエーションを加え、年間で12テーマ程度の商品ラインを投入する。

自由が丘店は4つのテーマで構成。店舗入口正面はボーダーストライプ、中央壁面には主力商品のプリントものを展開。その奥には、アーバンサファリを配置、店内の最後方には、落ち着いた色調のモノトーンを配置した。

<ボーダーストライプ>
ボーダーストライプ

カタログを巡るワクワク感を店舗でも表現した。カタログの発行と、店舗の展開商品を連動させ、約1か月で展開テーマを変更する。

岡田氏は「カタログは単品訴求が中心だが、店舗ではスタイリング提案がより重視される。スタイリストとも提携し、よりスタイリング提案を強化していく」と語る。

<靴も一緒にディスプレイ>
靴も一緒にディスプレイ

スタイリング提案の一環として、靴も販売する。ただ、グループ会社のフィットフィットは、外反母趾に対応した機能性を打ち出した靴を訴求していため、靴は仕入れ商品で対応する。

次>> アクセサリーは最小限の展開

<前へ 次へ> 1 2 3 4 5 6 7

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧