小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

世界の高級リテールブランド/東京は世界で4番目に魅力的な都市

総合不動産サービス大手のJLLは、世界的な高級リテールブランドが出店する世界の各都市を分析したレポート「デスティネーション・リテール2016」を発刊した。

リテールブランドにとって魅力的な10都市のうち、1位のロンドンに次いで香港が2位、続いて、東京(4位)、上海(6位)、シンガポール(7位)、北京(9位)、大阪、台北(10位)とアジア7都市が占めた。

アジアの中でも高級ブランドのショッピング先は香港であり、多くのリテーラーは中国本土出店への足掛かりとして香港を位置付けている。

中国経済の減速や政府の汚職防止対策により、高級品の消費は減少しているものの、香港は引き続き消費が旺盛な中国人客を喚起している。

地域全体では、中間層が増え、富裕層のレベルも高まりつつあるアジアの都市がリテーラーを惹きつけている。

東京においては、経済の回復や訪日客の増加を背景に、高級リテーラーが好条件の不動産案件を求める動きが見られる。

2012年から約30%近い円安となり、観光客がショッピング先として日本を訪れることが多くなり、前年比47%増加した2015年の訪日客の多くは中国からだった。円安は、日本人に対しても高級品消費を刺激する材料となっているという。

「ディスティネーション・リテール2016」は、リテールブランドが多く出店する都市や出店意欲の高いリテーラーを分析、ランチャイズを含むリテーラー独自のネットワークに焦点をあてた。

透明性の観点から、百貨店内のセカンドライン、マルチレーベル、ブランドショップは除外している。

世界的に展開する240のリテールブランドで、アメリカ大陸、アジア太平洋地域、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域のうち2地域以上で展開するりブランドを対象とした。

■デスティネーション・リテール2016
http://www.joneslanglasalle.co.jp/japan/ja-jp/news/233/destination-retail-2016

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧