メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

エンポリオ/韓国で人気のかき氷カフェ「ソルビン」が原宿に日本初出店

エンポリオは6月30日、韓国で人気のコリアンデザートカフェ「SULBING(雪氷:ソルビン)」を原宿にオープンする。

<ソルビン 店内イメージ>
ソルビン 店内イメージ

日本初出店となる「ソルビン」は、「伝統とモダンが混じりあった暖かく温もりがある感覚」をコンセプトに、韓国の伝統菓子に斬新なアイデアを加え、現代風にアレンジしたスイーツを提供するカフェ。

ソルビン 店内イメージ

韓国では、2013年に釜山に1号店をオープン。ふんわりしたパウダースノーのようなミルクかき氷が、若者を中心に大ヒットし、現在韓国国内で約500店舗を展開している。

ソルビン 店内イメージ

韓国では、古くから「餅(米)、きな粉、餡子(小豆)、胡麻、芋」を用いたお菓子が伝統菓子として親しまれており、「パッピンス(パッ:小豆+ピンス:かき氷)」というピンス(かき氷)もそのひとつ。

ソルビン 店内イメージ

ソルビン創業者のチョン・ソンヒ氏は、10数年前に飲食ビジネスを学びに東京に留学していた。

ソルビン 店内イメージ

日本の伝統的な和菓子が、時代と共に進化し続け、老若男女に根付いていることを目の当たりにし、韓国でも日本のように親しまれる伝統菓子を提供できないかと模索し続けた結果、若者に受け入れられるような華やかなトッピングを施した新しい食感のかき氷を開発した。

次>> 看板メニューは「きな粉餅ソルビン」

次へ> 1 2
関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方