小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

訪日外客数/2015年は過去最高の1973万7000人

日本政府観光局(JNTO)は1月19日、2015年の訪日外客数は前年比47.1%増の1973万7000人となり、JNTOが統計を取り始めた1964年以降、最大の伸び率となったと発表した。

過去最高であった2014年の1341万3000人を600万人余り上回り、1970年以来45年ぶりに訪日外客数が出国日本人数を上回った。

主な要因は、クルーズ船の寄港増加、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりによる航空運賃の低下、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションによる訪日旅行需要の拡大がある。

円安による割安感の定着、ビザの大幅緩和、消費税免税制度の拡充なども増加を後押しした。

<訪日外客数のシェアの比較 2014年/2015年 年計(JNTO)>
訪日外客数のシェアの比較 2014年/2015年 年計

市場別では、主要20市場のうち、ロシアを除く19市場が年間での過去最高を記録し、中でも中国は107.3%増の499万人に達し初めて最大市場となった。

そのほか、米国が欧米市場で初めて100万人を超えたほか、東南アジア6市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)が合計で200万人を超える規模となった。

2015年12月の訪日外客数は、43.4%増の177万3000人で、これまで12月として過去最高であった2014年(123万6000人)を53万7000人上回った。

市場別では、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、豪州、カナダが単月として過去最高を記録。これらの市場に加え、ロシアを除く13市場が12月として過去最高を記録した。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧