小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン&アイ/3~5月は売上高3.2%減、営業利益0.5%減

セブン&アイ・ホールディングスの2017年2月期第1四半期決算は、売上高1兆3947億4900万円(前年同期比3.2%減)、営業利益814億8300万円(0.5%減)、経常利益823億8500万円(1.5%増)、当期利益431億5000万円(2.2%増)となった。

売上高は主に原油安に伴うガソリン価格の下落により、北米コンビニエンスストア事業でのガソリン売上が235億円減少したことに加え、百貨店事業や通信販売事業などの苦戦により減収となった。

営業利益はコンビニエンスストア事業や金融関連事業などが増益したものの、主に百貨店事業等の減益に加えオムニチャネル戦略に係る費用の増加が影響し減益となった。

セブン‐イレブン・ジャパンと7-Elevenにおける加盟店売上を含めたグループ売上は、2 兆5609億2400万円(0.6%増)となった。

第1四半期における為替レート変動に伴う影響により、売上高を150億円、営業利益を3億円押し下げたという。

業績予想は、連結子会社であるニッセンホールディングスが将来に向けた経営再建プランを検討中で、現時点において業績予想が未発表であるため、未定とした。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧