メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

コスモス薬品/5月期、インバウンド店舗閉鎖も増収増益を確保

2020年07月10日決算

コスモス薬品が7月10日に発表した2020年5月期決算によると、売上高6844億300万円(前年同期比12.0%増)、営業利益290億9400万円(17.4%増)、経常利益315億6200万円(15.6%増)、親会社に帰属する当期利益214億3500万円(11.7%増)となった。

グループは消費者にとって「安くて、近くて、便利なドラッグストア」を目指して力を注いだ。「毎日安い(エブリデイ・ロー・プライス)」政策を忠実に実行することで物流や店舗作業の平準化を行い、ローコストオペレーションの更なる推進を図った。

これにより価格競争力を高め、来店客に「高品質な商品をより安く」販売できるように努めた。

出店戦略では、自社競合による一時的な収益性の低下も厭わず、創業の地である九州地区にも出店を継続すると同時に、新商勢圏への店舗網拡大を図った。

これにより、新規出店につきましては、関東地区に6店舗、中部地区に14店舗、関西地区に29店舗、中国地区に8店舗、四国地区に3店舗、九州地区に20店舗の合計80店舗となった。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための渡航制限によりインバウンド需要の急激な減速があったため、売上高に占める同需要の比率が高かった8店舗を閉鎖した。

加えて、スクラップ&ビルドにより7店舗を閉鎖したことで合計15店舗を閉鎖した。これにより、期末店舗数は1058店舗となった。

次期は、売上高7230億円(5.6%増)、営業利益291億円(0.0%増)、経常利益316億円(0.1%増)、親会社に帰属する当期利益217億8000万円(1.6%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月08日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方