小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンイレブン/この10年で最も品質アップ「レンジ麺」一新

商品/2019年09月18日

セブン-イレブン・ジャパンは9月18日、容器、スープを刷新した「レンジ麺」を10月1日から順次、発売すると発表した。

<商品の特徴>
商品の特徴

中皿を採用した新容器を採用することで、これまでゼラチンで固めていたたつゆやスープをストレートスープへ変更した。従来は、ゼラチンで固めたスープの上に麺と具材を乗せていたため、麺がスープとともに温められ伸びてしまう課題があったが、中皿を採用したことで麺の食感も向上した。

中皿は蒸気だけを通す設計でストレートつゆが、こぼれにくい容器形態とした。

執行役員の高橋広隆商品本部長は、「毎年、商品を改良しているが、この10年を振り返ると、この商品ほど、多くの方に品質が向上したことが伝わる商品はないと思っている。スープからゼラチンを抜くことで、スープの味、麺の食感が向上し、レンジアップ時間も短縮することができた。当たり前のことをつなげていって、セブンでしかできない品質がストレートに伝わる商品づくりが今年、初めてできた」と商品を解説した。

<香り引き立つ!かき揚げ蕎麦>
香り引き立つ!かき揚げ蕎麦

10月1日、「香り引き立つ!かき揚げ蕎麦」(税込399円)、「香り引き立つ!三陸産わかめ蕎麦」(429円)を発売。10月15日、「ガラスープが自慢!コク旨ネギ醤油ラーメン」(496円)、「Wガラスープが自慢!6種具材のタンメン」(429円)を発売する。

<ガラスープが自慢!コク旨ネギ醤油ラーメン>
ガラスープが自慢!コク旨ネギ醤油ラーメン

今回、特許出願中の技術により、これまでとは異なる新たな容器を開発。セブン-イレブンとして初めて「ストレートスープ」を採用し、麺とスープの更なる品質向上を実現したという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧